夫の焼酎に猛毒リシンを入れた焼酎を飲ます妻起訴

焼酎パックに毒を混ぜて殺害1.JPG
これは、宇都宮で起こった事件。
借金・子育て・生活費の問題で夫に殺意。
毒入り焼酎を飲ます。
これまで毒をもったのは複数回。
妻は通常、夫の食事をつくる。
食事は人間が生きるのに最重要・必須のこと。
その重要な食事の中身は妻次第。
ということは、夫を
生かすも殺すも妻次第。
ところが、この夫は
具合が悪くても
がんばった。
ふんばった。
妻のためではない。
娘のためだ。
どこで夫婦の歯車が
狂ったのか。
他人事ではない
事件である。
女はこのリシンを、市販されている観賞用植物のトウゴマ(ヒマ)から抽出したという。トウゴマの種からはひまし油が取れ、エンジンの潤滑油やポマードなど工業や美容品の原料に使われる。この際の副産物から微量のリシンが取れ、体内に入ると、細胞が壊死(えし)して臓器不全などに陥る。解毒剤はなく、水を飲むなどの対症療法で回復を待つしかないという。
http://www.asahi.com/articles/ASJ16463DJ16UTIL00Z.html

Related Posts

9歳でこの世を去ったベトナム国籍リンさんとその家族の心の痛みはどう癒されたらいいのか

ついに捕まった あの千葉県我孫子市でベトナム国籍 小学…

障害者施設45人殺傷の植松聖が書いた異常な手紙, the ability to kill 470 disabled people

障害者施設45人殺傷の植松聖が書いていた衆議院議長に宛…

相模原の施設に刃物男・障害者施設で45人刺傷、19人が心肺停止

またまた発生したとんでもない事件。 よりによって、障が…

翡翠ホタテ餃子に銀歯・グランドプリンスホテル新高輪で同様のトラブルが3件発生

異物混入、食品に、虫、ビニール片、金属片、プラスチック…

小松玄澄貫主にセクハラと差別発言疑惑、過去に女性問題民事訴訟

善光寺トップの貫主がセクハラ 信徒が辞任勧告 長野県の…

碑文谷公園の池で切断された遺体

東京都目黒区の区立碑文谷公園の池で切断された遺体の部位…