「デートレイプドラッグ」を使った性犯罪解決のため、警視庁が新たに簡易検査キットを導入しました。場合によっては1か月かかる従来の検査と違い、わずか数分で判定が出るといいます。すでに本格的な運用が始まっていて、逮捕につながったケースもあるということです。

■“デートレイプドラッグ”解決に警視庁が新たに簡易検査キットを導入

有働由美子キャスター
「警視庁が新たに簡易検査キットを導入しました。『デートレイプドラッグ』を使った性犯罪解決のため、全国で初めて開発したものです」

小栗泉・日本テレビ解説委員
「『デートレイプドラッグ』とは、性犯罪に及ぶために使われる睡眠薬などのことです。例えば、ある女性が知人の男と食事に行きました。そこで気づかないうちに『デートレイプドラッグ』を飲み物に混入されて意識を失い、性的暴力を受けたとします」

「その後、警察に相談したところ、これまでですと薬物を飲まされたのかどうか、尿の鑑定結果が出るまでに場合によっては1か月かかることもありました。それが、開発された検査キットですと、わずか数分で判定が出るのです。これによって、早い段階で捜査を進められることもありますし、被害者の精神的な負担を軽くするメリットもあるといいます。これまでは鑑定結果を待っている間に気持ちが落ち込んで、『事件にしたくない』『意識を失ったのはお酒を飲み過ぎたからではないか』などと自責の念を強めたり、あるいは捜査への協力をやめるケースもあったといいます」

■すでに逮捕につながったケースも 記憶がないため被害にあったことに気づいていない人も

有働キャスター
「そういった意味でも、1か月だったものが数分で結…

 16 total views,  2 views today