エキサイティングヒロイン 時空特捜タイムリーファイブ

西暦22××年、時空犯罪者ドグーラを追っていた時空捜査官ミキはドグーラの反撃に合い、彼女をかばった隊長は殺され、ミキはドグーラを取り逃がしてしまう。隊長の時空移動ブレスレットを奪ったドグーラ一味は、誤作動から西暦2010年の過去へとワープしていった。復讐に燃えるミキは、タイムリーファイブの新装備・タイムリースーツを携え、ドグーラ一味を追って過去に向かう。2010年の東京で、凶悪犯罪を犯し続けるドグーラ。彼らを取り押さえることができる技術はこの時代にはなく、まさにやりたい放題であった。殉職したタイムリーファイブ隊長そっくりの熱血捜査官・竜一とともにドグーラ一味を追い詰めていくミキ。そして彼女は新装備を身にまとい、タイムヴィーナスとしてドグーラに戦いを挑む。しかし、タイムリースーツ装着時は隙が多く、そこを攻撃されたミキはインナースーツのまま捕らえられ、時空移動ブレスレットの操作方法を聞きだすための拷問にかけられてしまうのだった。竜一の機転で何とか脱出するも、今度は彼が人質にとられ、手も足も出せぬままいたぶりぬかれた末に電気拷問、そしてタイムリースーツを切り裂くドリル拷問にかけられてしまう。終わる事のない苦痛の中、今度はミキのブレスレットが誤作動を起こし、ドグーラと共に時の狭間へと飛んでしまう。果たしてミキはドグーラを倒し、無事に未来へ帰ることができるのか?時空をまたにかけた追跡劇の決着は?![BAD END]

エキサイティングヒロイン 仮面の騎士 ルビーナイト

漫画の世界で仮面の騎士ルビーナイトは魔法使いキルルと戦っていた。キルルの邪悪な魔法によりルビーナイトは漫画の世界から現実の世界に飛ばされる…。漫画のファンタジーな世界から来た彼女にとってすべてが不思議なものばかりだった。一方、魔法使いキルルも邪悪な魔法を制御できず、30年前に現実世界に飛ばされていた。魔法使いキルルは、いずれは自分を殺しに来るルビーナイトに立ち向かうためさらに邪悪な魔法を強化していた。そして、ルビーナイトは現実世界で知り合った親切な人間を助けるために魔法使いキルルと再び戦う事になる。彼女はキルルに洗脳された戦闘員達や、魔力で生み出された魔怪人と戦うが、卑怯な方法で絶対絶命のピンチをむかえる。拘束され、仮面を剥れ正体を知られたルビーナイトは、ファンタジー世界のどこかに隠された秘宝のありかを吐かすための拷問を受ける事になる。ハードな鞭打ちでルビーナイトのコスチュームはボロボロになり、誰にも見せたことの無い女戦士の肌が露出する。恥じらいを必死にこらえる彼女は、電気拷問で気絶し白眼をむいてしまう…。しかし、彼女に千載一遇の逆転のチャンスが訪れ、もう一度キルルと戦い追い詰めることに成功するが、信用していた人間に裏切られてしまう。彼女は秘宝のありかを吐くまで永遠に拷問されるのだった…。

エキサイティングヒロイン フューチャーマン危機一髪

地球征服を企む秘密結社アンゴリアン対策チームとして、生まれつき特殊能力を備えた新人類と呼ばれる人間を集め特殊部隊を編制する、それがフューチャーマンだ。彼らはフューチャースーツを身にまとい、地球の平和の為にアンゴリアンと戦っていた。新人類の美女、ジーンは新人類差別が横行する街から逃げ出そうと旅を続けていた。そんなある日、アンゴリアンに襲われている少年を発見し助ける事に。しかし少年を人質に取られたジーンはアンゴリアンの戦闘員の袋叩きにあってしまう。絶体絶命のジーンを突然現われたフューチャーマンが救出し、さん太と名乗る少年と共に仲間になるようスカウトするフューチャーマンだったが、ジーンは旅立つ事に。しかしその後、さん太とフューチャーマンはアンゴリアンに捕獲されてしまう。ジーンは二人を助けるためにフューチャースーツを身にまといアンゴリアンのアジトに向かうのだった…。

エキサイティングヒロイン ルミエール 危機一髪ver.

女子校生お嬢様の白金優子は、ある日学校の帰り道に不思議な指輪を拾う。その指輪は、戦いの神マルスの力が封じ込められた変身アイテムだった。優子が住む花島町は、凶悪魔神アモンに狙われていた。優子は、指輪を拾ったその日から神の導きにより、魔法美少女戦士ルミエールとしてアモンとその手下たちと戦うことになるのだった。悪に染まりつつある花島町。普段は温厚な一般の人々たちも次々とアモンの信者に変えられていってしまう。やさしい家庭教師の石神や、温和なプロレスラーであるヘラクレスなど悪の心に乗っ取られた人々と戦うルミエール。しかし、ルミエールの力を手に入れようと企んでいる桜雷博士の卑劣な罠によって捕えられてしまうルミエール。科学の力によってルミエールの体からエネルギーを奪っていく桜雷博士。更に、悪に染まった石神、ヘラクレスも呼び寄せて…。究極のピンチに出会ってしまうルミエール。果たしてエネルギーを抜き取られたルミエールは、窮地を脱出し花島町を守ることができるのか?

エキサイティングヒロイン バードピンク絶対絶命ver.

バードファイブの紅一点バードピンクとバードファイブの最年少の少年戦士バードブルーは、世界征服を企むギャンガラーの悪事を察知し、それを阻止するために戦うが、それはバードファイブを罠にかけるためのカモフラージュであった。戦闘中にバードファイターの強化ブーツを奪われた結果、バードスーツの弱点が敵に知られてしまう。トゲの怪人との戦いで毒に犯されたバードピンクが寝ている時、少年戦士のバードブルーは単独行動で戦っている時に捕まってしまう。バードピンクは救出に向かい戦うが敵の開発した光線バードキラーガンをくらい倒されてしまう。洗脳された少年戦士バードブルーはバードピンクを襲い、怪人はトゲでバードピンクのスーツをズタズタにし、鞭でめった打ちにし、気丈なバードピンクを追い詰める。バードピンクは自分の関節を外し拘束を逃れ再び戦うが、傷ついた彼女の肉体は彼女の気丈な精神について行かなかった。バードピンクの危機一髪をバードブルーは自分の命を犠牲にして救うが無駄となる。「お前を倒すまでは死にたくない…」と無念を抱きながらバードピンクは敵に殺され、その屍は全国に放映され晒しものとなるのだった。(バッドエンド)

エキサイティングヒロイン メイリン 絶対絶命ver.

世界的な犯罪組織・スネークファングを追う国際捜査官のメイリンは、父の仇であるスネークファングのメンバー・ガルローグへの復讐を誓い、日本へと旅立った。日本で知り合った捜査官の西條美奈子とともにガルローグへと迫るメイリンであったが、宿泊先の安ホテルでバスタオル一枚を羽織ったままガルローグに襲われてしまう。しかし、暗殺を免れたメイリンのもとに美奈子がさらわれたとの連絡が!意を決してガルローグとの戦いに挑むメイリン。だが、ガルローグの毒霧で視界を失い体を鉄の爪で引っ掻き回されボロボロにされてしまう。捕らえられたメイリンはスネークファングの作り上げた人造人間・エルガの電気拷問によって苦しめられ、衰弱していく…。果たして彼女は父親の仇討ちを果たし、スネークファングを壊滅に導くことができるのであろうか?[BAD END]

エキサイティングヒロイン ガイアレディー 絶対絶命ver.

地球の平和を守る正義のヒロイン、香新泉は普段は新聞記者として活動していた。松土博士とガイアレディーは昔から敵対している。松土博士の計画「人類捕獲計画」をことごとくガイアレディーに邪魔をされていたが、ある時ガイアレディーの弱点をしることに。グリープト鉱石の光で弱らせ倒す計画を企てゴルゴンレディーと言うグリープト鉱石でできた女怪人と創り上げ戦わせることに…。ガイアレディーのピンチ!拘束されたガイアレディーは松土博士とゴルゴンレディーに拷問をうけることになる。[BAD END]

エキサイティングヒロイン カラーレンジャー

地球の平和を守るカラーレンジャーは日夜悪の秘密結社ゴーマンと戦っていた、そんなある日ゴーマンとの戦闘で怪人を後一歩まで追い詰めるが、必殺技を繰り出す瞬間に紅一点のカラーピンク「デイジー」のミスでタイミングが外れ怪人を取り逃がしてしまう。あくる日失敗の反省ミーティングでプライドの高いブルーカラーの新庄はチームと対立し部屋を飛び出してしまう。そんなチームの状況を盗撮カメラで監視していたゴーマンの怪人は新庄になりすまし、チームの分裂を画策する。早速ゴーマンは新庄と確執のあるデイジーに目をつけゴーマンの秘密基地を発見したという嘘の情報でデイジーを呼び出す事に成功する。が、それはゴーマンの罠だったのだ!果たしてデイジーは生きのびられるのか!

エキサイティングヒロイン フロンティアF 危機一髪ver.

古河博士によって身体能力を高めてもらい、殺し屋として生きる木島悦子。美少女いたぶりビデオを撮影して、闇で売りさばく弟の木島涼。そして涼に拷問を受ける一人の少女、城風香。風香は、涼から受ける拷問の痛みから逃げたいが為に、マヤという人格を生み出す。女神アテナと人間の間に生まれた末裔のマヤは、変身能力を使いフロンティアFを誕生させ木島涼を退治する。しかし、風香には誰に助け出されたのか記憶が無いまま時は過ぎていく。そしてフロンティアFの活躍が連日報道されていく。そこに目をつけた古河博士が風香に近寄り真実を告げる。涼を倒したのがフロンティアFと知った悦子は、復讐を誓いフロンティアFと対峙する事に…!

エキサイティングヒロイン アンドロクロス 危機一髪ver.

銀河に蔓延る犯罪を取り締まるため、月の王国から地球にやってきた宇宙捜査官アンドロクロスは、普段は学校の教師・菊原佳容として日常生活を送っていた。同僚の教師・機織と学校の屋上で月を見上げていたその晩、宇宙犯罪者・ブラッギンの乗った隕石が地球に襲来し、機織を洗脳してしまう。あくる日、洗脳された機織は、佳容から月のパワーを溜め込んだ指輪を奪い逃走。彼女を追う佳容だが、指輪がなくては変身できず、仮の姿のままブラッギンと戦うことに…。さすがに力負けし圧倒される佳容だが、運よく投げ飛ばされた先で指輪を拾い変身。ブラッギンを後一歩のところまで追い詰めるが、機織に邪魔され、逆にエネルギーを吸い取られ、気絶してしまう。指輪の秘密を聞き出そうとするブラッギンの責めに耐える彼女だが、再び指輪を奪われてしまう。最悪の状況に追い込まれた佳容は機織に必死の説得を試みる。果たして彼女の思いは通じるのか…。

エキサイティングヒロイン バウンティーハンター

異星人のバウンティーハンター(賞金稼ぎ)であるエミリアは、賞金首を求めて惑星間を一人で渡り歩いていた。エミリアが地球に訪れた時、恒点観測研究員である神崎恭平と薩摩ナツキに出会う。異星人の賞金稼ぎたちに襲われている恭平とナツキを助けたのだ。エミリアの強さに驚く恭平とナツキを観測施設に連れて行ったエミリアは、相棒の電子生命体ブレインとともに、高額賞金首のザウレムを追っていること、ザウレムによって観測施設のある町がバリアで隔離されていることなどを二人に話す。二人を施設に残しザウレムを仕留めに出掛けるエミリア。ザウレムを発見し、戦うエミリアだったが怪獣人グジュダルも現れピンチに追い込まれてしまう。しかし、危ないところで恭平とナツキが現れると、エミリアの荷物から見つけた武器でエミリアを助けるのだった。一旦施設に戻り体制を整えるエミリアたち。再びエミリアは、ザウレムを探しに行くのだが…エミリアに心を奪われている恭平に嫉妬するナツキは、ザウレムに襲われた際にエミリアの情報をザウレムに話してしまう。単独のエミリアに恐ろしい魔の手が迫る…[BAD END]

エキサイティングヒロイン ウィングシルバー

悪の組織アバン団の機獣ハンマーガンキの鋼鉄のハンマーがウイングファイブの紅一点ウイングシルバーこと城羽美優の強化マスクに炸裂する。マスクは吹っ飛び地面に転がり落ち、美優の傷ついた苦悶の表情が露わになる…。全てはかつての先輩であり恩師でもある人物“黄山りん”をアバン団の毒牙から救い出すためであった。しかし、彼女は魂をアバン団に売り女幹部ダーティスとして美優に襲い掛かる!嫉妬深く、自分より美しい者を嫌う性格のダーティスは、色白で美しいと言う言葉だけでは済まされない賢く美貌の持ち主の城羽美優を甚振り貫く…。そして強化スーツをウイングショットで破壊し、毒液を傷口に塗り込み、拷問をくわえていく。そして電気拷問で気が狂ったように悶絶する美羽は白目失神してしまう。だが、その電気拷問に耐え抜いた時、ウイングシルバーの強化スーツを再生させる千載一遇のチャンスがあったのだ!だが、ハンマーガンキの鋼鉄のハンマーはウイングシルバーを再び苦しめる!彼女は絶命するまで、ハンマーで殴られる…[BAD END]

エキサイティングヒロイン美少女愛戦士セーラーエルメス

水辺で佇む、知的でエレガントな女子校生の正体は女神の守護神である美少女愛戦士セーラーエルメスだった。彼女が尊敬し憧れていた美青年アルマーニ仮面は、もはや悪魔に操られる悪の戦士に墜ちていた。切ない気持ちの中でセーラーエルメスは奪われた女神の秘宝を取り返すまで戦うのだった。彼女の武器は、女神の鎧セーラーコスチューム、女神の弓セーラーアロー、女神の闘士の力を授ける胸のセーラークリスタル、そしてどんな苦難も乗り越えようとする彼女の気丈な精神力。悪の力を強めたアルマーニ仮面は、魔獣を操りセーラーエルメスを苦しめる。魔獣の触手で肉体を締め付けられ女神のエネルギーを吸収され肉体を暴力でボロボロにされる…気絶したセーラーエルメスは悪魔のアジトで拷問をうける、ハード鞭、悪魔の炎で胸のクリスタルを焼かれさらにダメージを受けるのだった。そして愛戦士として一番大事な物を奪われその美しき肉体は永遠に悪魔のアジトに晒され飾られるのだった…彼女の打ち砕かれた愛の叫びは、今日も悲しく悪魔の玉座で木霊する…[BAD END]

エキサイティングヒロイン 紅き電造戦士 レッドール

機械の身体に改造された元捜査官の百合城美沙は、電造戦士レッドールとして己を改造した悪の秘密結社ブラックゴッドと日夜戦い続けていた。ブラックゴッドの一組織・ダークサタンを倒したものの、安息の日々は訪れず、すぐさまブラックゴッド十二使途の一人・メカクレスに襲われたレッドール。その圧倒的なパワーの前には必殺のレッドキックさえも通用しない。身体をバラバラに解体されそうになったその時、もう一人の十二使途・クルルガンがメカクレスからレッドールを奪う。実はライバルである彼らはレッドール抹殺の手柄を取り合っているのであった。クルルガンとメカクレスが激しくぶつかる一瞬の隙に逃げ出そうとしたレッドールだったが、そこへ更に十二使途のシャドーアイが登場し、怪光線でレッドールを苦しめ、自らの研究所へ連れ去ってしまった。実はレッドールを作り出した生みの親であるシャドーアイは、彼女が自分の部下になることを望み、強引にでも忠誠を誓わせるために、むき出しになった彼女の回路に電気を流し苦しめる。改造された記憶を取り戻したレッドールは、怒りに打ち震えながら必死に抵抗するも、マグネットコーティングされた手術台から逃れることが出来ない。果たしてレッドールはダークサタンを倒すことが出来るのか?メカクレス、クルルガン、シャドーアイの三つ巴によるレッドールの奪い合いの結果は…?[BAD END]

エキサイティングヒロイン 女王剣士レジェンドクイーン

4年に一度行われる女戦士の武闘大会レジェンドクイーン。この闘いで女王剣士の称号を得た者は、真の戦士としてネオ・ムラマサソードという最強の武器と賞金を与えられ、国の平和を守る旅にでる。レジュエンドクイーンとして旅をしていたノゾミは、ある時、盗賊に襲われている武器商人を助けるが、その闘いの中で左腕を負傷してしまう。商人の家で治療するノゾミ。人間離れした回復力で傷を治したノゾミは、再び旅に出る。商人は、助けてくれたお礼にと特殊なアーマーを渡そうとするが、受け取らないノゾミ。しょうがなく商人はノゾミについて行く。ノゾミの前に突如現れるカスミという女戦士。レジェンドクイーンを倒して名を上げようと、襲い掛かってくる。完治していない腕で苦戦するノゾミ。そこに、父の仇である悪の親玉ダークゼビウスが手下を引き連れ現れる。やむを得ず商人のアーマーも装着して闘うノゾミだが…レジェンドクイーンを廻る壮絶な女同士の闘いが始まる。[HAPPY END]

エキサイティングヒロイン 女宇宙捜査官アニス 絶体絶命

数々の星を支配し滅ぼしてきた宇宙犯罪組織ブーガから地球を守るために戦い続けている宇宙捜査官のギャリガンとアニス。アニスはパトロールの最中に、アニスの母星バウンド星を滅ぼす指揮をしたブーガの神官ポーラにそっくりの女性を見つけて、あとをつける。だが、それはアニスをおびき出す罠だった。ギャリガンと連絡の取れない空間で正体を現した神官ポーラは犯罪獣ガルルガにアニスを痛めつけさせ、満身創痍のアニスから、己の美を維持するために生命エネルギーを吸いとり始める。ギャリガンによって救出されたアニスだが、アニスのエネルギーに味をしめた神官ポーラは、犯罪獣ミニニミの能力を使って、ギャリガン不在のアニスたちの宇宙船アレクサンダー号に潜入し、治療中のアニスに襲いかかる。ギャリガンのいない宇宙船の中でアニスは触手にやられ絶体絶命の危機に追い込まれる。[BAD END]

エキサイティングヒロイン 幻戦隊ミスティーレンジャー

世界の平和を守る極秘機関「幻戦隊ミスティーレンジャー」の紅一点ミスティーピンクことスミレは久しぶりの休暇を楽しんでいた。ところが緊急の呼び出しで至急本部に戻るスミレ、しかしそれは悪の秘密結社の罠だったのだ!本部はすでに敵に制圧され、白金長官は人質となっていたのだ!彼らの目的はミスティーレンジャーの他のメンバーが休暇で海外にいる手薄な状態を見計らって秘密基地を破壊する事なのだ!激しい拷問によってスミレから秘密基地の在処を聞き出そうとする秘密結社!いかなる苦痛にも耐える訓練を受けたスミレは敵の過酷な責めに屈しようとはしない。しかしそんなスミレを見かねた白金長官はついに秘密基地の在処を白状してしまう。そして人質を盾にされたスミレは自ら秘密基地を高性能爆弾によって破壊しなければならなくなる。タイムリミットは3時間!そして立ちはだかる最強の怪人!絶対絶命のスミレは白金長官を救出し恐るべき計画を阻止できるのか!

エキサイティングヒロイン 科学特捜隊ボーグレンジャー

元来体が弱かった水沢ヘレンは特殊な手術によって強靭な体を手に入れ、ボーグレンジャーの一員ボーグハートとなり悪の犯罪組織クリミナーと戦っていた。ある時、ボーグレンジャーは、その欠片を粉にして入れるだけで火薬の威力を100倍にする隕石『太陽の石』を、国立特殊研究所に届ける任務を負っていた。スペードが囮となり、ハートの役目は本物を届けること。しかし、敵のスパイによりこの作戦の情報が漏れていた。ハートの前に現れるクリミナーの包帯魔人カースラー。カースラーは、妖術を使いハートに襲い掛かる。苦戦するハートだが、何とかその場から逃れ、『太陽の石』を隠す。再びカースラーに追いつかれるボーグハート。『太陽の石』を守るふりをして戦うボーグハートだが、カースラーの妖術により捕らえられてしまう。激しい拷問を受けるも石の在りかを言わず必死に抵抗を続けるハート。ついに、クリミナーの幹部、闇の爪が登場する。[HAPPY END]

エキサイティングヒロイン セ・レーヌの星 絶対絶命Ver.

修道女で神に仕えるマリアは、ある日天の導きで魔王として君臨するダンデスの目的を知り、セ・レーヌの星として戦うことを決意する。ある戦いの中で、剣王軍と戦っているセ・レーヌの星を一人の剣王軍が物陰から銃で狙っていた。一瞬の隙をついて放たれた銃弾はセ・レーヌの星の肩を貫き、追い込まれるセ・レーヌの星。絶対絶命のピンチの時、黒い影が助けに入る。黒いコスモスと名乗る戦士がセ・レーヌの星を救うのだった。その日から共に協力して戦うセ・レーヌの星と黒いコスモス。仲間と共に戦うことに喜びを感じていたセ・レーヌの星だが、それも束の間、邪悪な罠がセ・レーヌの星を襲うのだった…。

エキサイティングヒロイン 聖少女戦士オーロラペガサス

怪人ドミネスによって仲間達を宝石にされてしまったオーロラペガサスは、魔王ベリアールが現世へ戻る肉体として見初められ、その体を狙われてしまう。しかし、間一髪のところをイカロスという戦士に助けられ、何とか一命を取り留めるのだった。しかし、執拗にオーロラペガサスの体を欲するベリアールは、ドミネスを町へ放ち、人々を宝石化する事で彼女をおびき出そうとするのであった。人々を人質に取られ、手も足も出せないオーロラペガサスはアジトへ引きずり込まれ、ドミネスのダイアモンド棍棒によって徹底的に痛めつけられるのであった。そして、いよいよベリアールが彼女の体に乗り移ろうとしたその時、身代わりとなりベリアールを体内に吸収したのはあのイカロスであった。イカロスと共に逃げ出すオーロラペガサス。しかし、イカロスは体に変調をきたし、ついにベリアールと一体化してしまう。果たしてオーロラペガサスはベリアールの執拗な追跡から逃れられるのか?!そして、宝石にされた仲間達の運命は?!

エキサイティングヒロイン 陰陽シスター紫焔‐SHIEN‐

修道女の名は“私怨”。私に怨むと書いたその名は忍として生きる彼女の運命を意味するものなのか?私怨は陰陽シスター紫焔-SHIEN-と名乗り、今日も悪人を討ち十字架に懺悔する。私怨をかつて拾い、忍術を身につけさせた悪の組織“世陰”は、裏切り者の私怨を決して許さず、私怨を倒すため刺客を送り込むがことごとく私怨に敗れる。そこで世陰は、私怨を暗黒の世界から救い、尊敬し私怨の父代わりの存在である神父を拉致し、神父に仮面を付けさせ刺客と同じ格好にして私怨と戦わせる。『もしかしたら、神父様かも知れない…?!』という躊躇が私怨を絶体絶命のピンチへ陥れる。更に地雷の様に張り巡らされた“物失せの結界”を踏んでしまうたびに、彼女の肉体と貞操を守るプロテクターは消滅していく。プロテクターが消え去りレオタード姿になってしまう私怨は、自分を見て欲情する刺客達に襲われる。果ては、私怨が見ている目の前で、式神で分身した私怨の身体を尊敬していた神父が辱めていく…。私怨は陰陽忍法でこの絶体絶命のピンチを切り抜けられるのか!?