ハイパーセクシーヒロイン 銀河特捜刑事ステラ

両親の敵である「宇宙犯罪組織ムーマ」打倒を目指す銀河特捜刑事ステラこと永森愛佳は、ヘルガー指揮官を倒すも、新幹部・ナーガにその体を狙われていた。何処までもサディスティックなナーガはステラを罠にはめ、自分の所有物とするために、怪獣グビグビの触手地獄でエネルギーを吸出し、神経薬を体中に塗り、電気ショックで苦しめる。何とか脱出を図ったステラだったが、体に張り付いた蟲によって居所を突き止められ、またも蟲によってエネルギーを吸い取られていく。果たしてステラはナーガとグビグビを倒すことが出来るのか?

ハイパーセクシーヒロイン 時空捜査官 エレナ

未来から特殊暗殺者ヘッジ・フォッガーを追って現代にやってきた時空捜査官のエレナ。しかし、時空移動の衝撃で記憶を失ってしまう。辿り着いたのは、大学研究員の吉村卓也の研究室だった。記憶を取り戻すまで、吉村の世話になるエレナ。任務の記憶もなくなったエレナに安らいだ時間が流れていた。が、ふたりの前にヘッジ・フォッガーが姿を現す。記憶を取り戻したエレナ。強化スーツに身を包みヘッジ・フォッガーと戦うがスーツの故障でピンチが迫る。なんとか吉村を逃がすエレナだが、ヘッジ・フォッガーに捕えられ、激しい拷問にかけられてしまう。ヘッジ・フォッガーの狙いは吉村だったのだ。エレナが再びセクシー強化スーツに身を包んだ時、奇跡が起こる…。

ハイパーセクシーヒロイン エリーゼ

ある日不思議な世界に迷い込んでしまったエリーゼは突然豚のような顔をした村人達に襲われてしまう。しかしエリーゼは反射的に敵の攻撃をかわし反撃を加える。無意識な力に戸惑いながら逃げるエリーゼ…。そこにエリーゼを導く謎の老人が現れる。その老人にエリーゼはこの世界の救世主としての使命を果たせと告げられる。ところが真の力に目覚めていないエリーゼはバラ怪人の攻撃によりあえなく倒されてしまい、村人達から裁判を掛けられる破目に…。屈辱的な扱いに耐えながら脱出のチャンスをうかがうエリーゼ。しかしそこに村人達が恐れている魔人、大ミミズがエリーゼに襲い掛かる。果たしてエリーゼは大ミミズを倒し予言通りに村人の救世主となるのか!

ハイパーセクシーヒロイン 舞桃乱撫 龍華

正義の秘密結社ゼリオンの戦士と名乗るヒロイン龍華が、自分勝手な行動により、悪の組織のトップである邪昂を取り逃がしてしまう。龍華の前に立ちはだかったのは、鳳仙という女幹部だった。初めて会う二人だが、なぜかお互いの存在が気になる。正義結社のトップ天帝の下に帰った龍華は、天帝に叱られていた。しかし、娘のようにかわいがっている龍華には、どうしても甘くなってしまう天帝。龍華が去った後、現れたのはなんと鳳仙だった。鳳仙は、天帝のスパイだったのだ。スパイの任務に疑問をもち、正義結社に戻った鳳仙に待っていたのは、愛情のかけらもない天帝の扱いだった。邪昂のアジトに戻った鳳仙の前に今度は、龍華が現れる。実は、龍華もスパイだったのだ。正義と悪の狭間で交わる二人の女スパイの闘いが今、はじまる…。

ハイパーセクシーヒロイン イブサス

YBSAS。それは多様化する22世紀型犯罪から女性を守るために開発された防御機構。薄い特殊生地が皮膚に密着することにより装着者本人の汗などからDNA情報を吸収し、イメージ通りの装甲に姿を変える人工皮膚の総称である。今は亡き父親からその研究を 引き継いだ研究員・麻生水青(マオ)。そして研究所のマドンナ的存在でもある先輩・研究員・篠木沙希(サキ)。完成したばかりのイブサスを発表する試着会の日、事件は起こる。スポットライトを浴びて颯爽とイブサスを披露する沙希が突如暴走を始めたのだ!!そして こともあろうに事態収拾を命じられたのは内気な水青。今まで沙希に群がっていた男性研究員たちは一斉に水青を応援し始める。嫉妬の炎を燃やしはじめる沙希。ついにイブサスの盲点をついた沙希の陰湿な攻撃が始まる。男たちの視線の中、次々と消失してゆく水青のコスチューム。さらに水青のイブサスを完全に消失しようとする毒液が全身に滴る。サディスティックに執拗な沙希が水青を襲う!!事件の闇を牛耳る保安部長・本間。罠に堕ちてゆく所長・沙々羅。複雑に絡み合う4人の熱き吐息!!「私たちのYBSASは、絶対に葬らせはしない!!」どうする水青!?残された時間とコスチュームは、もう残りわずかだッ!

ハイパーセクシーヒロイン ダーティージェミニ

孤児院で幼い頃から姉妹のように一緒に育ってきた、メイとリリは困った人々を助けようと幸せを呼ぶ鳥、ハッピーバーズというチーム名でトラブルシューティングを始めた。だが悪人が絡む事件を解決するときは、手段を選ばないことから極悪人たちからダーティージェミニと呼ばれ恐れられるようになった。ある日、悪の組織スパイダーの陰謀でリリの父が現われるところから始まる。スパイダーに捕まったリリは通電性のある奇妙な液体を体中のいたるところ塗られていた。助けにきたメイは怪人マンティスの攻撃で目が見えない。メイとリリの未来はどーなるのだろうか?

ハイパーセクシーヒロイン オフィーリア

惑星アルフォンスの王族を守るために誕生したバイオノイド・オフィーリア。しかし、惑星アルフォンスは昆虫進化型ヒューマノイド・ガルフジェイドの侵攻により壊滅の危機を迎えてしまっていた。オフィーリアを生み出した科学者エクセラは、生命維持カプセルに乗せて彼女を宇宙外へ放出したが、ガルフジェイドのリーダー・レディップは、彼女の体内に埋め込まれた惑星の情報〈箱舟プロジェクト〉を手に入れるため、追跡を開始する。 惑星アルフォンスと似た環境を持つ地球へとたどり着いたオフィーリアはレディップの手先・リフノガルドを圧倒的な力の差で倒すも、体内に卵を産み付けられてしまう。そしてついにレディップと衝突することになったオフィーリアだったが、腹部に激しい痛みに覚え、まともに戦える状態ではなかった。卵と一緒に惑星の情報を取り出そうとするレディップは、まず彼女のアーマーを弱体化させるために粘液を吐きかける。全身粘液まみれでもがくオフィーリアを蜘蛛糸で拘束し、背中から生えた足でアーマーの中へ進入するレディップは、オフィーリアの体内の卵に栄養を与えるべく、卵管を無理やり彼女の口にねじ込んでいく。そして、巨大な蟲に手足を飲み込まれ、肉体の情報を失った彼女にはもはや戦う力さえ残っていない。その時、生みの親エクセラの声が記憶を奪われたはずのオフィーリアの頭の中に響いた…。