聖純可憐ミルフィーナ act.01

かつて二人の戦士“ミルフィーブランシュとミルフィーソレイユ”が、巨大な悪ダイボロスを封じ込めた。しかし、封印は長くは続かず、復活したダイボロスに二人は敗北。ブランシュは、ミルフィーナの力を失い、ソレイユは行方不明となってしまうのだった…中学生の浅倉純と大澄そらは、ある日通学途中に不思議な妖精たちと出会う。ぬいぐるみのように可愛らしい姿の妖精たちのいきなりの出現に驚く二人だったが、話を聞くと悪の化身ダイボロスに故郷を追われこの世界に逃げてきたという。同情する純とそらの前に突然悪の女幹部ダマックが現れる。妖精たちを渡せと言われる二人だが、妖精たちの故郷を襲った悪だと知った純とそらは、ダマックから妖精たち(クッキーとマーブル)を守ろうとする。ダマックは、攻撃を逃げ回る二人に苛立ち、悪の魔物シバクゾーを召喚する。純とそらは、必死に妖精たちを守ろうとするのだが圧倒的なシバクゾーのパワーに追い詰められていくしかなかった。そんな二人の心に戦士としての素質を感じたクッキーとマーブルは、純とそらに戦う力を与える。その力によってミルフィーナに変身した二人は、漲るパワーに戸惑いを隠せない。襲い掛かってくるシバクゾーを協力して倒す純とそら。恐ろしい魔物を自分たちの手で倒したハートとシエルは、歓喜し、この世界を守るために戦うことを決意するのだった。

聖純可憐ミルフィーナ act.02

ミルフィーナとして戦うことを決意した純とそらは、アークとの激しい死闘の中で、仮面の外れたアークの素顔を目撃する。その素顔を見て驚く星子。アークは怒りを爆発させ、その衝撃で吹き飛ぶシエルと星子。だが、ハートだけは自らのパワーで激しいその衝撃を弾くのだった。今までとは明らかに違うハートのパワーに訝しがるダマックに、ダイボロスの命が下る。“目標変更、倒れている新たな戦士を連れてこい”…ハートの反応も虚しくシエルはダマックに連れ去られてしまう。傷心し、マーブルたちの待つ部屋へ戻ってくる純と星子。敵の狙いは、戦士に宿る超エネルギーが凝縮された結晶なのではと予想した星子の話を聞いた純は、自らの力を引き出すため星子に修行を申し出る。厳しい修行を重ねる純と見守る星子。不意打ちで現れたダマックとアークに苦戦しながら戦うハート。さらにそこに現れる新たな敵。驚くハートと星子の視線の先には、シエルに似た仮面の戦士が立っていた。容赦なく襲ってくるその仮面戦士と戦うハート。ハートの一撃が戦士の仮面を捉えると、そこにはまぎれもないシエル本人がいたのだった。激しく動揺するハートに、シエルとアークが二人がかりで襲ってくる。防戦一方のハート、二人の怒涛の攻撃に激しく痛めつけられてしまう。たまらず星子がハートを促して退却するのだった。果たして、ハートは悪の化身と化したシエルから、世界を守ることができるのだろうか?『大切な親友』と『世界』どちらか一方を選べと言われたら?悩んだ末に純が選んだ決断は…。