もったいないから町おこし、余った資源を有効利用【SUNトピ】

SUNトピは、気象予報士の奈良岡希実子さんです。11日はカラッとした陽気となりました。東京の最小湿度は33%、春は乾燥の進む季節ですよね。この時期に必要なのがお肌のケアです。

 河津桜で有名な神奈川県松田町では、乾燥から肌を守る美容パックを今年から特産品としてつくり始めたそうなのです。

 これに使われているのが“酒粕”。地元の酒蔵で作られた酒粕は料理や甘酒などに使われるのですが、どうしても一部廃棄されるものがあったそうなのです。それをもったいないと思い、酒粕に含まれる保湿成分に着目し特産品に利用できないかと考えられたそうなんです。

 「今まで捨てていたものを“もったいない精神”をもって廃棄するというのを極力減らして有効利用しながら、地域の活性化につなげていきたいと取り組んでいるところです」(松田町町長・本山博幸さん)

 そのほかにも害獣駆除で出た鹿肉などをペット用のおやつに加工したり、収穫で余った果実をアロマ製品にするなど、今後も“もったいない精神”で様々なものを有効活用していきたいとおっしゃっていました。(2021年4月11日16:58)

#フェイシャル  #パック  #もったいないおばけ

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html

▼TBS NEWS 公式SNS    
◇Twitter  https://twitter.com/tbs_news?s=20   
◇Facebook  https://www.facebook.com/tbsnews  
◇note  https://note.com/tbsnews  
◇TikTok  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja  
◇instagram  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5N…

 34 total views,  2 views today

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours