エステ脱毛はお店の掛け持ちをしても良いの?掛け持ちのメリット

エステサロンの脱毛コースでは、頻繁に初回限定割引であったり体験割といった値引きキャンペーンを行っています。
どれも安く魅力的で、キャンペーン同士を組み合わせればさらに低価格で済むかもしれない、と考えた人は少なからずいるでしょう。エステ脱毛の掛け持ちは可能なのか、そしてそのメリットについて説明していきます。
結論から言いますと、脱毛のためにエステサロンを掛け持ちすることに対しては何の問題も発生しません。それどころかサロンによっては、ふたまた割、と言った掛け持ち前提のプランを用意しているところもあるくらいです。
同時に、掛け持ちにはメリットも存在しています。脱毛サロンにはそれぞれ得意の脱毛部位があることが多く、その部位に合わせてお店を分けて通うこともできるのです。
また、複数のお店を掛け持ちすることでサロンを比較することも可能になります。例えば今後、脱毛サロンを1つに絞るにしても、そのためのお店を探す下準備として掛け持ちを行うことは決して無駄ではありません。
加えて、サロンによっては予約しにくい場合もありますので、そのつなぎとしてキャンペーンを利用している方もいると指摘されていました。ですので、掛け持ちを考えている方は安心して様々なサロンで施術を行うことができます。

脱毛掛け持ち

とは言え、掛け持ちをさらに効率良く行うには、全身脱毛より部分脱毛で掛け持ちした方が良いです。ここには脱毛のスパンというものが関わってきて、掛け持ちすることでそれぞれの部位に対して早く予約が取れ、コンスタントに脱毛できるのです。
しかし、同じ場所に照射すると肌トラブルを起こしかねません。脱毛はあくまでも毛周期や肌の状態を考慮した上で、2ヶ月から3ヶ月のスパンで行われます。
その周期に合わせて掛け持ちするなら問題無いのですが、時には早く行えば行うだけ結果が伴うと勘違いしてしまう方もいるのです。短いスパンで同じ部位に照射すると、最悪火傷の後のように水膨れと炎症が起き、酷い時には色素沈着を起こして跡になってしまいます。
掛け持ちはコスト的にも、予約を取るという意味でも、またサロンを比較するためにもおススメできるのですが、先述したような肌へのダメージだけは気を付けてください。
以上が脱毛サロンを掛け持ちするメリットになります。もちろん、そこには留意点も存在しますが、1つのサロンに絞っていても守らなければいけない周期ですので焦りは禁物です。正しいやり方でスムーズに脱毛が行えるよう、サロンを巡ってみても良いかもしれません。

Related Posts

家庭用脱毛器とお店で行うエステ脱毛の違いを比較しました

最近では脱毛を家で行える脱毛器が販売されています。値段は高いですがサロンに通うことを思えば料金はリーズナブルです。ただしプロのスタッフが行う施術とは違い、自分で行うので照射漏れや背中はできない、など限定されることもあります。

高校生でもエステ脱毛できる?学生がサロンに通う注意点

高校生や大学生など学生でも脱毛することはほとんどのお店でできるでしょう。中には学生プランと言って学生なら安く脱毛ができるプランもあります。ただし契約時には保護者の捺印やサインが必要なので、行う際は親御さんに相談して下さい。

日焼けをした肌は脱毛サロンに通えないの?脱毛と日焼けの関係

日焼けした肌はダメージを負っているのと同じです。その肌に脱毛を行うと余計に肌に負担がかかり、肌トラブルの元になってしまう可能性があります。肌が黒いと脱毛効果も減少するため日焼けはNGとしているお店が多いです。

エステ脱毛の効果を上げる方法はある?自宅でできるケア方法

脱毛の効果を正しく得るには日焼けなど肌に負担のかかることは予防しておきましょう。また脱毛後は乾燥するので、肌が乾燥していても効果に支障が出る場合があります。脱毛後はしっかり保湿し、次の脱毛までに肌を守ることが重要です。

脱毛した後にかかせない保湿とは?おすすめの保湿剤はどれ?

ボディローションやクリームなどで保湿をする際におすすめなのは、低刺激や敏感肌用の物を選ぶと良いでしょう。普段トラブルが無い人も、脱毛で肌が敏感になっている可能性があります。エタノールなどアルコール不使用がおすすめです。

脱毛後にしておきたいケアと脱毛後にしてはいけない行動や注意点

脱毛後にしておきたいケアは冷却と保湿です。冷却についてはお店で行ってくれる場合も多いので任せると良いでしょう。お店から帰る際には日焼けをしないよう、カーディガンなどを羽織ることをおすすめします。当日のお風呂など注意点を解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。