高校生でもエステ脱毛できる?学生がサロンに通う注意点

エステサロンでの脱毛は、比較的価格が安く設定されていることもあって、未成年の方でも通えるように工夫されています。
同時に学生割引なども用意されていることを踏まえると、脱毛は未成年のうちから行っても問題は無いということになるでしょう。高校生でも脱毛サロンに通えるのかという疑問と、その際の注意点について説明していきます。
まず、脱毛サロンは先述した通り学生割引というものがあることから、未成年のうちから脱毛することは基本可能です。もちろん、いくつかの基準というものはあり、サロンによっては生理が2回きていたらというような前提条件がある場合もあります。
しかし高校生ですので、身体の造りは大人に近くなっていることから光脱毛によって悪影響が出るとは考えにくいです。高校生が脱毛サロンに通う際の留意点は、まず未成年であることが挙げられます。
いくら学生割引があって、未成年のうちから施術を行うことができても、親の許可無く脱毛することはできません。そのため、脱毛サロンでは基本的に親権者同意書という書類の提示を義務付けています。
親権者の指名、住所、連絡先、捺印が必要となっており、これを提出することで初めて脱毛することができるのです。親同伴で店舗に赴いた時にはこの限りでは無く、その場で親に契約してもらうことができます。
加えて、学生証は絶対に持っていてください。そうしないと学生割引が適用されないので注意しましょう。

これらが揃えば、契約には何の支障もありません。しかし店舗によっては、未成年者の脱毛は親の同伴が毎回無ければできないという厳しいルールを提示しているところもあるので、事前に調べておく必要があります。
また、高校生から脱毛するなんて、と思われる方もいるかと思いますが、実は若い頃から脱毛することで様々なメリットが発生するのも事実です。
早いうちから脱毛することで、間違った自己処理で肌を傷つけることもありませんし、その分肌を美しいまま保つこともできます。肌トラブルを回避するという意味では、高校生からの脱毛は決して無駄では無いのです。
高校生が脱毛サロンに行く時の留意点に付いて説明してきました。未成年のため、縛りが強いのは当然のことですが、それでも親同伴で契約すればスムーズに脱毛を開始することもできます。
とは言え、学割が利くといっても高いことには変わりが無いので、しっかりと相談してから料金なども踏まえて脱毛に臨んでください。



【キッズ脱毛ディオーネ】

Related Posts

家庭用脱毛器とお店で行うエステ脱毛の違いを比較しました

最近では脱毛を家で行える脱毛器が販売されています。値段は高いですがサロンに通うことを思えば料金はリーズナブルです。ただしプロのスタッフが行う施術とは違い、自分で行うので照射漏れや背中はできない、など限定されることもあります。

エステ脱毛はお店の掛け持ちをしても良いの?掛け持ちのメリット

例えばA店では脇脱毛が安く、B店ではvioが安いなどお店によって安い所を使い分けたい時があります。そんな時はお店の掛け持ちがおすすめです。中には掛け持ちでさらに安くなるプランを提示しているお店もあります。メリットを記載しています。

日焼けをした肌は脱毛サロンに通えないの?脱毛と日焼けの関係

日焼けした肌はダメージを負っているのと同じです。その肌に脱毛を行うと余計に肌に負担がかかり、肌トラブルの元になってしまう可能性があります。肌が黒いと脱毛効果も減少するため日焼けはNGとしているお店が多いです。

エステ脱毛の効果を上げる方法はある?自宅でできるケア方法

脱毛の効果を正しく得るには日焼けなど肌に負担のかかることは予防しておきましょう。また脱毛後は乾燥するので、肌が乾燥していても効果に支障が出る場合があります。脱毛後はしっかり保湿し、次の脱毛までに肌を守ることが重要です。

脱毛した後にかかせない保湿とは?おすすめの保湿剤はどれ?

ボディローションやクリームなどで保湿をする際におすすめなのは、低刺激や敏感肌用の物を選ぶと良いでしょう。普段トラブルが無い人も、脱毛で肌が敏感になっている可能性があります。エタノールなどアルコール不使用がおすすめです。

脱毛後にしておきたいケアと脱毛後にしてはいけない行動や注意点

脱毛後にしておきたいケアは冷却と保湿です。冷却についてはお店で行ってくれる場合も多いので任せると良いでしょう。お店から帰る際には日焼けをしないよう、カーディガンなどを羽織ることをおすすめします。当日のお風呂など注意点を解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。