案外分かりにくい?エステ脱毛の月額制の仕組みとデメリット

エステ脱毛の料金の支払い方にいくつか種類があるのをご存知でしょうか。分割制の他に、定期的に払う月額制も用意されています。
月額のように決められた額を定期的に払う方が楽という意見もありますが、実は脱毛エステの場合では一概にそうとも言いきれない側面があるのです。今回は、月額制の仕組みとデメリットについて書いていきます。
最近の脱毛エステでは月額制を導入しているところが増え始め、比較的安い値段で契約することができるのです。従来の分割制ですと、時にはローンを組んだりする必要があり、そのための審査などすべきことが多くあります。
しかし月額制を選択した場合、やむを得ない理由で脱毛を中断することになったとしても違約金が発生しないので、初めて脱毛を行う人には良いかもしれません。
とは言え、月額制ゆえのデメリットも当然存在します。月額制ということは、月に支払う金額は一定で変化がありません。
言い換えれば、その月にエステサロンに行かなかったとしても支払いが発生してしまうのです。同時に回数性に比べると、予約とキャンセルもし辛くなってしまうのです。
月額を支払っているのだから、月に1回はサロンに行きたいところでしょう。しかし、急な予定が入ってしまった場合、その月の中で変更できれば良いのですが、できなかった場合は1ヶ月分の支払いを余分に出してしまったということになります。

また月額制のプランになると、全身を何回かに分けて光を照射する方法がとられているサロンが多いのです。つまり、全身を1回照射したことにするには、数ヶ月かけて部分照射をしなければならないということになります。
回数制の全身脱毛を踏まえると、悪戯に時間をかけすぎているようにも思えてしまいます。月に通うことができないかもしれない場合や、複数回に分けて照射される脱毛方法を考慮すると、月額制は余分にお金を支払ってしまうことにもなりかねないのです。
さらに、通い続ける限り支払いは発生するので、月額制を利用するのであればコンスタントにサロンに通える方に向いているでしょう。
ここまでデメリットを書いてきましたが、当然メリットも存在します。先述したように月額制には途中で止めた際の違約金は発生しません。
お試しとして契約するには十分可能な金額ですし、サロンに少し通って様子を見たい方にはぴったりなのです。月額制のデメリットも考慮した上で、適した支払方法を選んでください。

Related Posts

家庭用脱毛器とお店で行うエステ脱毛の違いを比較しました

最近では脱毛を家で行える脱毛器が販売されています。値段は高いですがサロンに通うことを思えば料金はリーズナブルです。ただしプロのスタッフが行う施術とは違い、自分で行うので照射漏れや背中はできない、など限定されることもあります。

高校生でもエステ脱毛できる?学生がサロンに通う注意点

高校生や大学生など学生でも脱毛することはほとんどのお店でできるでしょう。中には学生プランと言って学生なら安く脱毛ができるプランもあります。ただし契約時には保護者の捺印やサインが必要なので、行う際は親御さんに相談して下さい。

エステ脱毛はお店の掛け持ちをしても良いの?掛け持ちのメリット

例えばA店では脇脱毛が安く、B店ではvioが安いなどお店によって安い所を使い分けたい時があります。そんな時はお店の掛け持ちがおすすめです。中には掛け持ちでさらに安くなるプランを提示しているお店もあります。メリットを記載しています。

日焼けをした肌は脱毛サロンに通えないの?脱毛と日焼けの関係

日焼けした肌はダメージを負っているのと同じです。その肌に脱毛を行うと余計に肌に負担がかかり、肌トラブルの元になってしまう可能性があります。肌が黒いと脱毛効果も減少するため日焼けはNGとしているお店が多いです。

エステ脱毛の効果を上げる方法はある?自宅でできるケア方法

脱毛の効果を正しく得るには日焼けなど肌に負担のかかることは予防しておきましょう。また脱毛後は乾燥するので、肌が乾燥していても効果に支障が出る場合があります。脱毛後はしっかり保湿し、次の脱毛までに肌を守ることが重要です。

脱毛した後にかかせない保湿とは?おすすめの保湿剤はどれ?

ボディローションやクリームなどで保湿をする際におすすめなのは、低刺激や敏感肌用の物を選ぶと良いでしょう。普段トラブルが無い人も、脱毛で肌が敏感になっている可能性があります。エタノールなどアルコール不使用がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。