エステ脱毛に通う前に行う自己処理の上手なやり方と注意点

エステに行って脱毛を行う前にはいくつか事前準備をしなければなりません。その代表が、あらかじめ毛を剃っておく自己処理なのですか、何もせずに行ってしまうと最悪の場合には施術を断られてしまうこともあるのです。ですので、適切な自己処理と注意点をここでしっかり把握しておきましょう。
自己処理はエステに赴く2日ほど前から行う必要があります。脱毛してもらう時にムダ毛が残っている状態で行ってしまうと、施術の妨げになってしまうのです。
というのも、光脱毛方式は毛根などに光を当てることで威力を発揮するもので、ムダ毛が多いと光が分散し毛根まで届かないこともあり得ます。
電動シェーバーなどでゆっくりと丁寧に剃っていくことが望ましいのですが、焦って剃ってしまうと肌に無駄な負担や怪我の原因にもなるので気を付けてください。
また何故2日前がベストなのかと言うと、2日前に一度全体を剃り、次の日にムダ毛が残っていないか確認するためです。もしあった場合は、その個所にだけ刃を当てるようにして肌に余計な負荷をかけないようにしましょう。
剃り残しがある場合、最悪その個所に光を当ててもらえなかったり、シェービング代がかかってしまいます。剃り終わったら保湿をすることを忘れずに、肌をきちんと保護してあげてください。

いくら負担の少ない電動シェーバーであっても、全くの影響が無いとは言えません。自己処理の後に肌を整えるのは脱毛効果を上げることにもつながりますので、施術前には必要な作業です。
同時に留意して欲しいのは、毛抜きは行わない、ということです。毛抜きは光脱毛で必要な毛根まで除去してしまいますし、何より一見は綺麗に見えても後々埋没毛になってしまう可能性もあります。
埋没毛は毛穴がダメージを負って、かさぶたや角質でふさがれてしまっている時に起こるものです。結果、毛が皮膚の下に埋もれてしまい、目視できても処理できなくなってしまいます。
自己処理する時には毛抜きは使わずに電動シェーバーか、やむを得ない場合はカミソリで行いましょう。背中やVIOといった剃りづらい箇所は向こうが請け負ってくれる場合もあるのですが、サロンによって異なるので確認は絶対にしてください。
まとめますと、自己処理は2日前から電動シェーバーで優しく丁寧に行うことが大切です。焦って肌に傷を作ってしまうと、場所によっては脱毛を断られてしまう可能性もあるので注意しましょう。正しく処理をして、施術に備えるようにしてくださいね。

Related Posts

家庭用脱毛器とお店で行うエステ脱毛の違いを比較しました

最近では脱毛を家で行える脱毛器が販売されています。値段は高いですがサロンに通うことを思えば料金はリーズナブルです。ただしプロのスタッフが行う施術とは違い、自分で行うので照射漏れや背中はできない、など限定されることもあります。

高校生でもエステ脱毛できる?学生がサロンに通う注意点

高校生や大学生など学生でも脱毛することはほとんどのお店でできるでしょう。中には学生プランと言って学生なら安く脱毛ができるプランもあります。ただし契約時には保護者の捺印やサインが必要なので、行う際は親御さんに相談して下さい。

エステ脱毛はお店の掛け持ちをしても良いの?掛け持ちのメリット

例えばA店では脇脱毛が安く、B店ではvioが安いなどお店によって安い所を使い分けたい時があります。そんな時はお店の掛け持ちがおすすめです。中には掛け持ちでさらに安くなるプランを提示しているお店もあります。メリットを記載しています。

日焼けをした肌は脱毛サロンに通えないの?脱毛と日焼けの関係

日焼けした肌はダメージを負っているのと同じです。その肌に脱毛を行うと余計に肌に負担がかかり、肌トラブルの元になってしまう可能性があります。肌が黒いと脱毛効果も減少するため日焼けはNGとしているお店が多いです。

エステ脱毛の効果を上げる方法はある?自宅でできるケア方法

脱毛の効果を正しく得るには日焼けなど肌に負担のかかることは予防しておきましょう。また脱毛後は乾燥するので、肌が乾燥していても効果に支障が出る場合があります。脱毛後はしっかり保湿し、次の脱毛までに肌を守ることが重要です。

脱毛した後にかかせない保湿とは?おすすめの保湿剤はどれ?

ボディローションやクリームなどで保湿をする際におすすめなのは、低刺激や敏感肌用の物を選ぶと良いでしょう。普段トラブルが無い人も、脱毛で肌が敏感になっている可能性があります。エタノールなどアルコール不使用がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。