総合型エージェントと特化型エージェントとは?各特徴について

転職エージェントには、大きく2つのタイプが存在します。1つは総合型エージェントで、もう1つは特化型エージェントと呼ばれるものです。利用する前にそれぞれの特徴を理解しておくと、有意義な転職活動ができるのではないでしょうか。
まず総合型エージェントは、1つまたは複数の業種や業界に限らず様々な求人情報を取り扱うものです。転職活動では初めから特定の業種や業界に狙いを定める人もいますが、そうではない人もいるのです。
狙いを定めていなくても自分ではわからない可能性を信じ、広い視野を持って活動したい人に向いています。今まで働いたことがなかった業種や業界の面接を受けて、新しい自分をスタートさせることができるかもしれません。
とにかく新しいことを始めたい人、転職するつもりはあるが自分に向いていることがわからない人、などにおすすめです。対応している業種や業界が多いため、様々な求人情報がゲットできることがメリットです。
情報が少なくなってしまうと、自分が活躍できる新しい場所も少なくなるかもしれません。様々な情報を集めて比較したい場合、総合型エージェントがピッタリです。
次に特化型エージェントですが、特定の業種や業界に限定して求人情報を取り扱うものです。総合型エージェントとの違いは、業種や業界を絞っているかどうかです。
情報量が限られてしまうことがデメリットです。しかし専門性が高く、狙いを定めて転職活動を行う人にはメリットがあります。特定の業種や業界出身のアドバイザーもおり、他では入手できない情報もあります。
希望する業種や業界のリアルな情報が入手できれば、それだけで面接時に有利となるかもしれません。ライバルが知らない情報を活かし、素早く行動できることもあるのです。
エージェントと企業のつながりが強いと言われており、面接対策がしやすいというメリットもあるのです。スキルややる気が認められれば、プッシュしてもらえることもあります。
何かの資格や免許を持っている人は、特化型エージェントを利用すると良いです。専門性の高い医師や看護師、薬剤師や弁護士などの転職を希望する場合に向いています。
総合型エージェントと特化型エージェントの特徴を紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。どちらが良くて悪いという話ではなく転職活動の内容に応じて使い分け、面接に向けて準備を進めることが重要です。

Related Posts

ママになって主婦になった人の産後の転職は正社員orパート?

産休を取り、産後復帰できる環境ならば良いですが、一旦その職場を辞めなければならない環境の人も多いでしょう。共働きの場合保育所を確保できるか、夫の協力を得られるかでパートか正社員が決まります。無理をしないことが大事です。

中途採用者の面接で必ずされる質問と上手い答え方や面接の流れ

面接で自分のスキルを活かしたい、新しいことに挑戦するなどの志望動機は前向きなので良い答え方です。でも人間関係や後ろ向きな理由で転職する場合も多いですから、できるだけ前向きな言葉に変えて伝えると印象が良くなります。

転職したら給料は下がる?転職先の企業と上手に給与交渉する方法

自分のスキルが転職先の企業にとって、欲しがるスキルであれば面接時に給与の交渉もできるでしょう。しかし現実は面接時に給与の交渉をするとあまり良い印象を与えません。上手く給与交渉する方法について解説します。

自分が何をしたいか分からない人の転職先の選び方をアドバイス

自分の将来のビジョンが見えない、何をしたいのか分からないという人も少なくありません。過去の自分の職歴で自分が働きやすい職種は何でしたか?人と話すのが得意なら接客業など、自分の性格から決めていくこともできます。

短期間で取得できる転職にも有利なおすすめの資格を紹介します

ビジネスでは法律に関する様々な知識が必要です。ビジネス実務法務検定や、環境関係を考えたECO検定もおすすめです。また今はどこの企業もパソコンを通じて仕事を行うため、パソコン検定やIT系の資格もあれば有利です。

転職後に失敗したと思う時ってどんな時?失敗談から学ぶ転職法

転職後に失敗したと思うことで多いのが、事前に説明を受けた休日や給与が実際に違ってた、という意見です。後から失敗したとならないよう、採用後の労働条件通知書を細かくチェックすることが大事です。面接時に気になることは必ず質問しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。