エステ脱毛が向いている人と医療脱毛の方が向いている人を調査

エステ脱毛と医療脱毛ではそれぞれに特徴があり、料金や施術回数などの違いも大きいです。
そのためどちらを選択すれば良いのか、なかなか判断を下すことができず時間だけが過ぎてしまうことも儘あります。サロンとクリニックの脱毛にそれぞれ向いている人の違いを見ていきましょう。
最初に、脱毛サロンで施術を行うメリットについて調べてみました。その中でも注目される特徴と言えば、安いことであるかと思います。学生の方も通えるほどなので、プランや脱毛の部位によっては非常に安く済むのです。
また、キャンペーンなども頻繁に行っていますし、部分脱毛でうまく期間限定サービスを駆使すれば1回の施術が非常に低価格で収まります。また脱毛で懸念される痛みも、サロンでの施術であればクリニックよりも遥かに楽に行うことができるのです。
最近では技術も進歩したことで、より痛み無く脱毛に専念することもできるようになりました。低刺激の脱毛機器は、痛みの他に肌の弱い人にも有効です。
SSC方式の脱毛であれば、毛穴を刺激することも無いので、より低刺激で済みます。同時にジェルが肌の保湿などをカバーし、結果的に美肌効果も望むことができるのです。
脱毛サロンは医療機関では無いため、高出力の機器を使用することはできませんが、その分肌に優しく、痛みも少なく済むのが特徴となります。

対してクリニックでの脱毛は、何と言っても施術回数が少なく済むことが最大の特徴でしょう。医師が施術するため、高い性能の脱毛機器を使用することができ、人によっては2日程度で毛が少しずつ落ちていることを実感できるようです。
サロンでの脱毛だと、毛穴の目立たない滑らかな肌になるまで18回以上は通うしかないのですが、医療脱毛はその半分で済みます。効果をすぐに実感したいなら医療脱毛が最適であると言うことができるでしょう。
しかし、その分痛みが伴うことも事実で、麻酔などで緩和することもできるのですが、人によっては効きづらい体質の方もいるそうです。それも踏まえて短期間で結果を出したいのなら、クリニックでの施術をおススメします。
繰り返しますと、エステ脱毛は痛み無く安く済ませたいと思っている方に最適です。医療脱毛はその逆になりますが、施術回数8回で効果が実感できるという意味では、短期集中型の方に向いています。
とは言え、どちらもメリットとデメリットがあるのは事実なので、自分に向いている脱毛を吟味して選択してください。



究極の美肌を手に入れる!女性も男性も【美肌医療脱毛】

Related Posts

家庭用脱毛器とお店で行うエステ脱毛の違いを比較しました

最近では脱毛を家で行える脱毛器が販売されています。値段は高いですがサロンに通うことを思えば料金はリーズナブルです。ただしプロのスタッフが行う施術とは違い、自分で行うので照射漏れや背中はできない、など限定されることもあります。

高校生でもエステ脱毛できる?学生がサロンに通う注意点

高校生や大学生など学生でも脱毛することはほとんどのお店でできるでしょう。中には学生プランと言って学生なら安く脱毛ができるプランもあります。ただし契約時には保護者の捺印やサインが必要なので、行う際は親御さんに相談して下さい。

エステ脱毛はお店の掛け持ちをしても良いの?掛け持ちのメリット

例えばA店では脇脱毛が安く、B店ではvioが安いなどお店によって安い所を使い分けたい時があります。そんな時はお店の掛け持ちがおすすめです。中には掛け持ちでさらに安くなるプランを提示しているお店もあります。メリットを記載しています。

日焼けをした肌は脱毛サロンに通えないの?脱毛と日焼けの関係

日焼けした肌はダメージを負っているのと同じです。その肌に脱毛を行うと余計に肌に負担がかかり、肌トラブルの元になってしまう可能性があります。肌が黒いと脱毛効果も減少するため日焼けはNGとしているお店が多いです。

エステ脱毛の効果を上げる方法はある?自宅でできるケア方法

脱毛の効果を正しく得るには日焼けなど肌に負担のかかることは予防しておきましょう。また脱毛後は乾燥するので、肌が乾燥していても効果に支障が出る場合があります。脱毛後はしっかり保湿し、次の脱毛までに肌を守ることが重要です。

脱毛した後にかかせない保湿とは?おすすめの保湿剤はどれ?

ボディローションやクリームなどで保湿をする際におすすめなのは、低刺激や敏感肌用の物を選ぶと良いでしょう。普段トラブルが無い人も、脱毛で肌が敏感になっている可能性があります。エタノールなどアルコール不使用がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。